久が原東部八幡神社

久が原東部八幡神社久が原東部八幡神社は、東京都大田区の、東急池上線の久が原駅より東へ徒歩12分の地にある鎮守社。
奈良時代の天平神護元年(765)創建。小規模な神社であるが、社殿は幕末期のもので、大田区の文化財に指定されている。

社頭
久が原東部八幡神社
社殿
久が原東部八幡神社
久が原東部八幡神社

社殿(拝殿、幣殿、覆屋内の本殿)は江戸末期(本殿は1844年、拝殿は1862年)の築で大田区指定有形文化財。拝殿は茅葺きだったころの形を維持したまま銅板葺きとなっている(茅葺きだった頃にこういう形状であった拝殿は東京周辺には多数あったが、その多くは銅板に葺き替えられた際に形状が変更されている)。

神楽殿
久が原東部八幡神社

神楽殿は大森春日神社より昭和10年移築。

大森春日神社
スポットガイド
大森春日神社 | 東京都大田区
戦前の端正な社殿の残る神社

明治の神仏分離までは本光寺(大田区久が原2-19-17)が別当寺であった。

久が原東部八幡神社
東京都大田区久が原2-18-4 地図
アクセス:東急池上線 久が原駅より徒歩12分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など