大森春日神社

大森春日神社大森春日神社は、東京都大田区の、JR京浜東北線の大森駅より南西へ徒歩14分の地に鎮座する、新井宿の鎮守社。鎌倉時代に奈良の春日大社を勧請して創建。社殿などは第二次世界大戦の戦禍を免れた昭和初期のもの。

表参道鳥居
大森春日神社

表参道の鳥居はいわゆる春日鳥居の形状。

境内
大森春日神社
神楽殿
大森春日神社

神楽殿は戦前の昭和13年築。なお、それ以前の神楽殿は久が原東部八幡神社へ移築され現存する。

久が原東部八幡神社
スポットガイド
久が原東部八幡神社 | 東京都大田区
社殿は幕末築で、拝殿は茅葺きだった頃の形状を残す
拝殿
大森春日神社

拝殿も昭和13年築。

本殿
大森春日神社

本殿も昭和13年築。この写真は背後から見たもので、形式は隅木入りの春日造である。このほか、境内の稲荷社も昭和13年建造。


例大祭は6月中旬で、露天商の出店も多く、隔年の本祭では宮神輿の渡御が行われる。
明治の神仏分離令までは、善慶寺が別当寺を務めた。

大森熊野神社
スポットガイド
大森熊野神社 & 善慶寺 | 東京都大田区
境内に溶岩を敷き詰めた神社とその旧別当寺
大森春日神社 公式HP
東京都大田区中央1-14-1 地図
アクセス:JR京浜東北線 大森駅より徒歩14分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など