旧安田庭園

Yasuda Teien旧安田庭園は、東京都墨田区の、JR総武本線及び都営大江戸線の両国駅より北へ徒歩7分の位置にある、東京都指定名勝の回遊式日本庭園。江戸時代に大名庭園として整備され、明治に安田財閥の安田善次郎の手に渡った後に東京市に寄贈された。かつては隅田川から水を引く潮入庭園だったが、現在は川水の直接取り込みは中止され、ポンプで地下貯水槽から浄化した水を人工的に流して潮入りを再現している。

旧安田庭園
旧安田庭園
旧安田庭園

2015年に解体された両国公会堂跡には槇文彦の設計で刀剣博物館が2017年竣工。

春のツツジ
旧安田庭園
冬の雪吊り
旧安田庭園

旧安田庭園の沿革

当初、常陸笠間藩主の本庄松平家の下屋敷として江戸時代初期の元禄年間(1688-1704年)に整備された(本庄松平家は後に、遠江浜松藩を経て最終的に丹後宮津藩に転封)。安政年間(1854-1860年)には隅田川の水を引き入れて潮入りの回遊式日本庭園となった。明治以降は旧岡山藩主池田侯爵家の邸宅となり、明治22年(1889年)、安田財閥創始者安田善次郎の所有となる。大正11年(1922年)に東京市に寄贈され、現在は墨田区が管理する。

納涼の夕べ

毎年8月上旬には旧安田庭園にて「納涼の夕べ」が開催され、池の上などに茶席や舞台が設けられ、三曲が演奏される。この行事に関する詳細は「旧安田庭園 納涼の夕べ」の記事を参照。

旧安田庭園 納涼の夕べ
イベントガイド
旧安田庭園 納涼の夕べ | 東京都墨田区
8月上旬開催。夕闇の中、池上に茶席や三曲の演奏舞台が設けられる
納涼の夕べ
旧安田庭園 納涼の夕べ
旧安田庭園
時間:9時-16:30(6-8月は-18時) 料金:無料 休園日:12/29-1/1
東京都墨田区横網1-12-1 地図
アクセス:JR総武線・都営大江戸線 両国駅より徒歩7分
墨田区
エリアガイド
墨田区 | 東京都
台東区の東隣り。両国、向島など

両国駅周辺には、他に江戸東京博物館横網町公園-両国- 江戸NOREN回向院などがある。

江戸東京博物館
スポットガイド
江戸東京博物館 | 東京都墨田区
江戸・東京の建築の原寸模型も多い都立博物館
横網町公園
スポットガイド
横網町公園 | 東京都墨田区
超宗派建築の慰霊堂が立つ公園
両国駅
スポットガイド
-両国- 江戸NOREN | 東京都墨田区
戦前竣工の両国駅舎を活用した飲食施設
回向院
スポットガイド
回向院 | 東京都墨田区
庶民の崇敬篤い両国の寺院