横網町公園

Yokoamicho Koen横網町公園は、東京都墨田区の、JR総武線・都営大江戸線の両国駅より北へ徒歩6分の地にある、昭和5年開園の都立公園(当時は東京市立公園)。
公園造成中の大正12年に関東大震災が発生し、その敷地に避難した人々が火災旋風で4万人近く犠牲となった。昭和5年の公園開園時には震災記念堂(現・東京都慰霊堂)と鐘楼が、翌6年には復興記念館が竣工した。

正門と東京都慰霊堂
東京都慰霊堂
東京都慰霊堂
東京都慰霊堂
東京都慰霊堂
東京都慰霊堂

東京都慰霊堂は東京都選定歴史的建造物。昭和5年竣工で設計は伊東忠太。超宗派性を現すため、正面の拝殿は神社の拝殿風、背面の納骨堂(本殿)は仏教寺院の三重塔風、堂内はキリスト教会風。前に立つ2基の灯篭も伊東忠太の設計で昭和6年建立。竣工当時は震災記念堂という名だったが、第二次世界大戦後にはその戦災犠牲者も合祀されて東京都慰霊堂と改称された。
前に狛犬のようにある獅子像は中国の政治家が戦前に寄贈したもので、日比谷公園にあったが移設。
なお、正門(や北門)は昭和5年建立。

復興記念館
復興記念館
復興記念館
横網町公園

復興記念館は東京都選定歴史的建造物。昭和6年築で、設計は伊東忠太。
館内には、震災・空襲の遺物や絵画、復興計画のミニチュア模型が展示されている。また脇の屋外展示でも、関東大震災の遺物が展示されている。

鐘楼
横網町公園

鐘楼は昭和5年建立で、設計は伊東忠太。鉄筋コンクリート製だが、屋根の一部は木造。吊り下がる鐘は中国仏教徒に大正14年に寄贈されたもの。

事務所
横網町公園

事務所は昭和5年築。

震災遭難児童弔魂像
横網町公園

震災遭難児童弔魂像は昭和6年に建立されたが、戦時中に像は供出され台座のみとなり、昭和36年に像を再現。

日本庭園
横網町公園
横網町公園

日本庭園は昭和6年に竣工。平成に再整備された。


関東大震災発生日の9月1日と東京大空襲のあった3月10日には法要が営まれる。

横網町公園 公式HP
[復興記念館] 時間:9-17時 料金:無料 休館日:月(祝なら翌日)・年末年始
東京都墨田区横網2-3-25 地図
アクセス:JR総武線・都営大江戸線 両国駅より徒歩6分
墨田区
エリアガイド
墨田区 | 東京都
台東区の東隣り。両国、向島など

両国駅周辺には、他に江戸東京博物館旧安田庭園-両国- 江戸NOREN回向院などがある。

江戸東京博物館
スポットガイド
江戸東京博物館 | 東京都墨田区
江戸・東京の建築の原寸模型も多い都立博物館
旧安田庭園
スポットガイド
旧安田庭園 | 東京都墨田区
元は大名庭園だった潮入り庭園
両国駅
スポットガイド
-両国- 江戸NOREN | 東京都墨田区
戦前竣工の両国駅舎を活用した飲食施設
回向院
スポットガイド
回向院 | 東京都墨田区
庶民の崇敬篤い両国の寺院