大円寺

大円寺大円寺は、東京都杉並区の、京王井の頭線の永福町駅より徒歩8分の位置にある曹洞宗の寺院。
江戸初期の慶長8年(1603年)に現在の港区赤坂に創建。明治41年(1908年)に現在地に移転した。
大名や旗本の菩提寺で、現在地へも墓所の一部が移されている。

山門
大円寺
境内
大円寺
本堂
大円寺

本堂は移転時の明治41年の建造。

五井松平家墓所
大円寺
大円寺

上級旗本である五井松平家の広い墓所が移築されている。五井松平家は当初は現在の愛知県蒲郡市五井町に城を構え、徳川家康の関東移封の際に千葉県の印旛郡に移り、さらに元禄時代に浜松市西区志都呂町に所領を移された。

飯野藩主保科家墓所
大円寺

飯野藩主保科家の墓所も部分的に移されている。飯野藩主保科家は千葉県富津市の飯野に陣屋を構えた。

戊辰の役薩摩藩・佐土原藩戦没者墓所
大円寺

戊辰の役で戦没した薩摩藩とその支藩佐土原藩の藩士たちの墓所。
大円寺は江戸時代は薩摩藩主島津家の菩提寺でもあったが、島津家は明治に神道に宗旨替えし、現在は墓はない。

大円寺
東京都杉並区和泉3-52-18 地図
アクセス:京王井の頭線 永福町駅より徒歩8分
杉並区
エリアガイド
杉並区 | 東京都
中野区の西隣り。高円寺、荻窪など

永福町駅周辺にはほかに龍光寺和泉熊野神社大宮八幡宮がある。

龍光寺
スポットガイド
龍光寺 | 東京都杉並区
四国八十八箇所霊場を備えた寺
和泉熊野神社
スポットガイド
和泉熊野神社 | 東京都杉並区
四角柱の石鳥居が立つ神社
大宮八幡宮
スポットガイド
大宮八幡宮 | 東京都杉並区
広い境内を有する地域の有力社