正法院

正法院正法院は、東京都豊島区の、都営三田線の西巣鴨駅より南東へ徒歩1分の地にある、天台宗の寺院。
奈良時代の天平2年(730年)創建。明治38年に台東区下谷から移転してきた。
本堂背後の阿弥陀堂は寛永寺にあった旧輪王寺宮書院を移築したもの。

本堂
正法院
阿弥陀堂
旧輪王寺宮書院

阿弥陀堂は、元禄時代に建てられた、寛永寺旧輪王寺宮書院を明治6年に拝領したもの。現在の本堂が建てられる前はこれが本堂として使われていた。本堂の背後にあり、隣の小学校跡から覗えた(が、現在は敷地が学校として再利用されているので入れなくなった)。

寛永寺
スポットガイド
寛永寺 | 東京都台東区
将軍家の菩提寺で、天台宗の大本山

明治の神仏分離までは、移転元の下谷にある下谷神社の別当寺であった。

下谷神社
スポットガイド
下谷神社 | 東京都台東区
端正な社殿の上野の神社
正法院
東京都豊島区西巣鴨4-8-1 地図
アクセス:都営三田線 西巣鴨駅より徒歩1分
豊島区
エリアガイド
豊島区 | 東京都
池袋、巣鴨など