下谷神社

Shitaya Jinja下谷神社は東京都台東区の、下谷地区の鎮守。東京メトロ銀座線の稲荷町駅からは徒歩2分、大江戸線の新御徒町駅からは徒歩5分、JR上野駅からは徒歩6分の位置にある。
奈良時代の天平2年(730年)、忍岡(現在の上野公園)に大年神と日本武尊を祀って創建されたと伝える稲荷社で、寛永寺創建の際に別当寺の天台宗正法院と共に遷座。維新後は正法院と分離し、下谷神社と改称(正法院は巣鴨に移転)。
第二次大戦の戦禍を免れたため、昭和初期築の社殿などがほぼ丸ごと残る。

正法院
スポットガイド
正法院 | 東京都豊島区
旧輪王寺宮書院が移築された寺
社頭
下谷神社
神門と守札所
下谷神社

左側の神門とその右の守札所、及び社殿を囲む透塀は昭和9年完成。

浄水舎
下谷神社

浄水舎は昭和9年竣工。

拝殿
下谷神社
本殿
下谷神社

社殿は本殿・幣殿・拝殿を連結した権現造で、昭和9年築。拝殿には横山大観の天井絵があるというが、見えない。

神楽殿
下谷神社

神楽殿は昭和12年築。

神輿庫
下谷神社

神輿庫は昭和11年築。RC造。

雑器庫
下谷神社

雑器庫は昭和11年築。RC造。

末社隆栄稲荷神社
下谷神社

末社隆栄稲荷神社の社殿は昭和11年築。桁上は木造で桁下は鉄筋コンクリート製。

稲荷の築山
下谷神社
宮神輿
下谷神社

5月の例大祭で渡御する本社神輿は大正15年製作。台輪幅は4尺1寸ある大型のもので、俗にいう千貫神輿。

なお、稲荷社ながら祭神が大年神と日本武尊である事について、『下谷區史』は、祭神は古くより倉稲魂命(=宇迦之御魂神)で、大歳神・日本武尊となったのは明治維新後だとする。

梯子乗り

下谷神社では1月6日に梯子乗りが奉納される。この行事に関する詳細は「下谷神社 梯子乗り」の記事を参照。

下谷神社 梯子乗り
イベントガイド
下谷神社 梯子乗り | 東京都台東区
1月6日
梯子乗り
下谷神社 梯子乗り

例大祭

下谷神社の例大祭は、5月11日に近い週末に執り行われる。東京下町の代表的な神社祭礼の1つである。本祭は隔年(西暦偶数年)開催で、千貫神輿の宮神輿が渡御する。陰祭の年(西暦奇数年)は、宮神輿を山車に乗せて巡行する。境内の周囲には露天商の露店も多く出店し、神楽殿では里神楽やお囃子が奉納される。この行事に関する詳細は「下谷神社 例大祭」の記事を参照。

下谷神社 例大祭
イベントガイド
下谷神社 例大祭 | 東京都台東区
5月上旬開催。宮神輿は担ぎ渡御の年と台車渡御の年が交互に
毎年行われる町神輿の連合宮入
下谷神社例大祭
本祭の年の本社神輿の渡御
下谷神社例大祭
陰祭の年の本社神輿の山車渡御
下谷神社例大祭
御徒町壱丁目町会の小神輿(八棟造)
下谷神社例大祭
御徒町二丁目町会の神輿(八棟造)
下谷神社例大祭
下谷神社 公式HP
東京都台東区東上野3-29-8 地図
アクセス:東京メトロ銀座線 稲荷町駅より徒歩2分/ 大江戸線 新御徒町駅より徒歩5分/ JR山手線 上野駅より徒歩6分
台東区 上野
エリアガイド
台東区 上野 | 東京都
上野公園一帯
台東区 浅草
エリアガイド
台東区 浅草 | 東京都
浅草とその北方
台東区 谷中・蔵前
エリアガイド
台東区 谷中・蔵前 | 東京都
上野の北の谷中と、浅草の南の蔵前