浅草寺

Sensoji台東区浅草にある浅草寺は東京の代表的な寺院の一つ。戦前は天台宗(山門派)の別格本山であったが、戦後に独立して聖観音宗の本山となった。また有名な巡礼霊場である坂東三十三箇所観音霊場の第13番札所である。
浅草寺は飛鳥時代の推古天皇36年(628年)頃の草創と伝え、都内最古の寺院を名乗る。江戸時代は寛永寺貫主である輪王寺宮の支配の下で栄えた。明治になると神仏分離で浅草神社が分離され、境内は公園化された。主要堂宇は第二次世界大戦の空襲で焼失し、戦後に鉄筋コンクリートで再建されたものが多い(本坊である伝法院を除く)。

浅草文化観光センターから見た浅草寺
浅草寺
雷門
雷門

雷門は、松下幸之助の寄進で戦後の昭和35年に再建されたもの(前代の雷門は幕末に失われた)。前面には風神と雷神が、背面には人間の姿をとった天龍と金龍が配されている。

仲見世
仲見世

仲見世は戦前の昭和3年に建造された鉄筋コンクリート建築。

宝蔵門
宝蔵門
宝蔵門
宝蔵門

宝蔵門はいわゆる仁王門で、戦後の再建。裏側には巨大なワラジが1足奉納されている。なお、脇にある浅草不動尊は、浅草寺が戦後に独立した際も天台宗に残留した別の寺院(大行院)である。

本堂
本堂

本堂(観音堂)も戦後の昭和33年再建。

五重塔
五重塔

五重塔も戦後の昭和48年再建。

二天門
二天門

二天門は国指定重要文化財。江戸時代初期の1649年頃、浅草東照宮(現存せず)の随神門として建造。

影向堂
影向堂

現在の影向堂は平成6年建造。前代の影向堂は現在は淡島堂に転用されている。

旧浅草東照宮石橋
旧浅草東照宮石橋
六角堂
浅草寺 六角堂

六角堂は東京都指定有形文化財。江戸時代初期の建築(室町期の建築との説もある)。

淡島堂と写経供養塔
浅草寺 淡島堂

淡島堂は旧影向堂で、元禄年間(1688-1704年)建造。戦後の本堂再建期には仮本堂として使用された。むかって左手の多宝塔は写経供養塔で、平成6年(1994)に建立された。

橋本薬師堂
橋本薬師堂

橋本薬師堂は江戸時代初期の1649年の建造で、浅草寺では数少ない近世建築の1つ。

弁天堂と鐘楼
浅草寺 弁天堂

弁天堂は昭和58年、鐘楼は昭和25年の再建。

銭塚地蔵堂
銭塚地蔵堂

銭塚地蔵堂では四角い石塔の上に石の六地蔵を安置する。石塔の下に寛永通宝が埋められているとされるので銭塚という。参拝者は塩、線香、ロウソクを供えるので「塩なめ地蔵」の異名がある。

かんかん地蔵
かんかん地蔵

銭塚地蔵堂の脇にあるかんかん地蔵には塩を供える。石を打って祈ると「かんかん」と音がするのでかんかん地蔵と呼ぶとされる。かっては大日如来の姿であったと伝えるが現在は原形をとどめていない。

金龍権現堂
金龍権現

金龍権現堂は小祠だが、重層の六角堂の初層に前室(?)を付加した、少し変わった造り。

久米平内堂
久米平内堂

久米平内堂は小祠だが、彫刻がびっしり施されている。戦後の再建。

二尊仏
二尊仏
宝篋印塔
宝篋印塔
子院群
浅草寺

子院21寺院は、戦前の昭和7年に建造された鉄筋コンクリート建築群。

伝法院

浅草寺本坊である伝法院の庭園は国指定名勝で、小堀遠州の作庭と伝える。建物も空襲を免れ、うち客殿、玄関、大書院・小書院・台所、新書院が国の重要文化財に指定されている(ただしこれらは特別公開時に大書院と新書院が拝観できるだけで、他はほとんど見えない)。また茶室天祐庵は東京都指定文化財
庭園は3月中旬~5月初旬頃、大絵馬寺宝館(撮影不可)と共に300円で公開される。なお、それ以外の時期でも庭園はわずかながら鎮護堂境内のココから柵越しに覗うことができる。

伝法院 表門
伝法院

表門は長野県松本市の大和家の表門を戦後の昭和29年に移築したもの。ただし袖塀と門番所はこのとき新造された。

伝法院 通用門
伝法院

通用門は明治36年に移築したもの。

伝法院 中門
伝法院

中門(赤門・葵門)は鎮護堂境内から裏側のみ見える。『東京都の近世社寺建築』は徳川慶喜が寛永寺で謹慎した建物からの移築とするのに対し、『国指定名勝「伝法院庭園」内の歴史的建造物に関する調査研究報告書』は明治37年の新造とする。

鎮護堂 拝殿
伝法院

鎮護堂は伝法院の鎮守で、伝法院の中で常日頃から公開されている唯一のエリア。ただしこちら側から見えるのは拝殿のみである。

鎮護堂 本殿
伝法院

鎮護堂の拝殿の背後にある本殿は大正2年建造。伝法院特別公開の時にしか覗えない。

伝法院 天祐庵
伝法院

茶室天祐庵は東京都指定有形文化財。表千家不審庵を江戸時代中期の天明年間(1781-1789年)に写したもの。

伝法院 庭園
伝法院
伝法院 庭園
伝法院
伝法院 大書院
伝法院

大書院は国指定重要文化財。明治35年建造。

伝法院 右が新書院、左が大書院
伝法院

新書院は国指定重要文化財。大正7年建造。大書院と新書院以外の国重文建築は、公開時もほとんど見ることができない。

伝法院 書庫
伝法院

書庫は明治32年建造。

伝法院 玄関
伝法院

門の向こうに見える瓦屋根が玄関、その奥の赤い屋根が客殿。玄関と客殿も国指定重要文化財だが、このように門外からわずかに覗えるのみ。

主な年中行事

本尊示現会と菊供養会で披露される金龍の舞
金龍の舞

上のページにあるように、浅草寺には多くの年中行事があるが、うち主なものとしては以下のものがある。

年末年始 除夜の鐘及び初詣

浅草寺の除夜の鐘は、元旦午前0時から108回撞かれる。ただし一般人は撞くことはできない。初詣の人出は200万人以上で、都内では明治神宮に次いで第2位。
大晦日から1月6日にかけては修正会が催され、本堂内で追儺式も行われる。1月5日には牛玉加持会が催され、信徒に牛玉宝印押しや牛玉札の頒布が行われる。

初詣
浅草寺 初詣
浅草寺 初詣
浅草寺 初詣
浅草寺 初詣

1月18日 温座秘法陀羅尼会 亡者送り

温座秘法陀羅尼会は1月12~18日に催される除災招福の秘法。江戸時代に岡山市の金山寺から伝わった祭礼で、そのほとんどは非公開だが、行事満了時に行われる亡者送りのみは公開される。亡者送りは18日の夕刻に鬼役が松明を地面に叩きつけながら境内を巡るもの。この行事の詳細については「浅草寺 温座秘法陀羅尼会 亡者送り」の記事を参照。

亡者送り
浅草寺 亡者送り
浅草寺 亡者送り

2月3日 節分会

浅草寺の豆まきは都内でも著名な豆まきイベント。そもそも寺院での大規模な節分の祭礼行事は浅草寺で始まったという。
まず午前中に幼稚園児による豆まきがある。続いて日中二回、年男による豆まきが行われ、その際には七福神の舞(福聚の舞)も奉演される。夕方からは有名人による豆まきが4回に渡って行われる。この行事についての詳細は「浅草寺 節分会」の記事を参照。
なお、隣の浅草神社でも15時頃に節分祭の豆まきが行われる。

幼稚園児らによる豆まき
浅草寺 節分
年男による豆まき
浅草寺 節分
七福神の舞
浅草寺 節分

3月17~18日 本尊示現会

西暦628年3月18日に本尊の聖観音像が隅田川から引き揚げられたことを記念する法要で、明治の神仏分離までは浅草神社の三社祭と一体的に催されていた。
17日夕刻に浅草神社から宮神輿3基が浅草寺の本堂内に一泊して浅草観音に対面し、翌朝に浅草神社に還御する(浅草神社は、浅草寺の創建に関わった3名を祀る神社)。18日はこのほか、法要や、びんざさら舞・金龍の舞の奉演もある。この行事についての詳細は「浅草寺 本尊示現会」の記事を参照。

本堂堂上げ
本堂堂上げ
本堂堂下げ
本尊示現会
庭渡御
本尊示現会

4月8日 花まつり

花まつり(灌仏会、仏生会)は釈迦の誕生日を祝う行事。参拝者は花御堂の誕生仏像に甘茶をかける。また浅草寺の場合、経営している幼稚園の園児たちも行事に参加し、白象のハリボテとともに行列する。

白象と園児たち
浅草寺 花まつり
花御堂の誕生仏に甘茶をかける参拝者
浅草寺 花まつり

5月5日 宝の舞

宝の舞は、宝蔵門落慶を記念して創始された行事。漁師の衣装をまとった幼稚園児らが宝船を曳いて練り歩く。

宝の舞
浅草寺 宝の舞
浅草寺 宝の舞

5月中旬 三社祭

江戸東京の代表的な祭礼の一つである三社祭は、浅草寺の境内を神輿が巡行するものの、隣に鎮座する浅草神社の祭礼(例大祭)である。明治の神仏分離令までは3月18日に、本尊示現会と一体的に開催されていた。この行事についての詳細は「浅草神社 三社祭」の記事を参照。

大行列
三社祭
町神輿の連合渡御
三社祭
本社神輿の渡御
三社祭

7月9~10日 四万六千日ほおずき市

四万六千日は、この日に参詣すると四万六千日分参詣したのと同じご利益があるというもので、この際には都内で最大のほおずき市が立つ。この行事についての詳細は「浅草寺 四万六千日ほおずき市」の記事を参照。

ほおずき市
浅草寺 ほおずき市

10月中旬~11月中旬 浅草菊花展

浅草寺主催ではないが、境内で菊花の展示が行われる。ただし規模は大きくない。浅草寺の行事としては、10月18日に菊供養会の法要が営まれる。これは、菊を境内で買って持参し、本堂内で他人が置いていった菊と交換して持ち帰り、陰干しして枕の下に敷いて寝るとご利益があるというものである。
18日には法要に出向く僧侶らの練り行列や金龍の舞の奉納もある。

浅草菊花展
浅草菊花展
菊供養会の練り行列
浅草菊花展

11月 弘前ねぷた浅草まつり

浅草寺の行事ではないが、浅草では11月に「弘前ねぷた浅草まつり」と称してねぷたが運行される。この行事についての詳細は弘前ねぷた浅草まつりの記事を参照。

弘前ねぷた浅草まつり
弘前ねぷた浅草まつり

12月17~19日 歳の市(羽子板市)

歳の市(羽子板市)では、境内に羽子板の露店が立つ。江戸時代中期に江戸一の盛況を誇った浅草寺の歳の市の名残り。浅草寺の行事としては、12月18日が「納めの観音」の縁日(観音の縁日は毎月18日で、12月のは年内最後の縁日)。

歳の市(羽子板市)
浅草寺 羽子板市

日本三大聖天・庚申

日本三大○○の類は、浅草寺が関連するものとしては、聖天と庚申がある。いずれも浅草寺側は主張せず、他所に名を挙げられている。
三大聖天の1つに名が挙げられるのは、境外にある支院の待乳山聖天である。堂宇は戦後に鉄筋コンクリートで再建されたもの。なお、日本三大聖天を名乗るまたは名を挙げられる寺院は、待乳山聖天を入れて日本に少なくとも7寺はある。当寺についての詳細は待乳山聖天の記事を参照。
三大庚申は、京都八坂庚申堂、大阪四天王寺庚申堂と浅草寺庚申で三大庚申だと言うものである。主張しているのは八坂庚申堂である。なお、現在、浅草寺には庚申堂はない(庚申塔は何基かある模様)。三大庚申の件については小野照崎神社の記事も参照の事。日本三大庚申を名乗るまたは名を挙げられる寺院は、当寺を入れてこれまた少なくとも7寺はある。


浅草寺 浅草寺HP
東京都台東区浅草2-3-1 地図
最寄り駅: 東京メトロ・都営地下鉄・東武線・つくばエクスプレス 浅草駅
この場所周辺のエリアガイド

その他の関連の寺社

最福寺

千葉県東金市の最福寺は日蓮宗系単立(顕本法華宗から独立)の寺院。本堂は旧浅草寺本堂を模したと伝える。

最福寺 本堂
最福寺
最福寺
千葉県東金市東金1693 地図

龍昌寺

中野区の龍昌寺は曹洞宗の寺院。浅草寺の本堂は関東大震災で被災し、その本堂を修理中の間に仮本堂が昭和初期に建造された。龍昌寺の本堂はその浅草寺仮本堂を移築したもの。
(エリアガイドには不掲載。)

龍昌寺 本堂
竜昌寺
龍昌寺
東京都中野区中野6-3-7 地図

花畑大鷲神社

足立区花畑の大鷲神社は、江戸時代は、俗に浅草寺の奥ノ院と呼ばれていた。江戸時代には、大鷲神社の祭礼時に近郊の農家が家鶏を大鷲神社に奉納し、翌日浅草寺の堂前に放つ風習があった。

大鷲神社
大鷲神社
大鷲神社
東京都足立区花畑7-15-1 地図

岩井観音堂

岩井観音堂は真言宗智山派の寺院。『南高麗郷土史』には、継体天皇の代に旅僧が創建し、安閑天皇の代に嵐で堂ごと像が流され、628年に浅草で引き上げられたのが浅草観音で、返還を要望したがかなわず、代わりの仏像祀ったという伝説が収録されている(似たような伝説の所が他にもあった気がするが、メモを残していないので不明)。
(エリアガイドには不掲載。)

岩井観音堂
埼玉県飯能市岩渕746-1 地図