宝幢寺

宝幢寺宝幢寺(寶幢寺、ほうどうじ)は、埼玉県志木市の、東武東上線の志木駅より北へ徒歩18分に位置する真言宗智山派の寺院。
創建年代については、南北朝時代の建武元年(1324年)開山との説や、既存の地蔵堂を基に天正年間(1573-1592年)に開山との説、敷島神社付近にあったが室町末期頃の柏ノ城(志木市柏町)落城後に現在地へ移転説などがある。
山門、長屋門、本堂、文殊堂などがあり、境内は整っている。

山門
宝幢寺
山門内
宝幢寺
本堂
宝幢寺
長屋門
宝幢寺
文殊堂
宝幢寺
庫裏
宝幢寺
枝垂れ桜
宝幢寺

明治維新時の神仏分離令まで、当寺は舘氷川神社(志木市柏町3-6-19)の別当寺であった。

宝幢寺
埼玉県志木市柏町1-10-22 地図
アクセス:東武東上線 志木駅より徒歩18分
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線

宝幢寺の近くには敷島神社旧村山快哉堂がある。

敷島神社
スポットガイド
敷島神社 | 埼玉県志木市
富士塚は国の文化財
旧村山快哉堂
スポットガイド
旧村山快哉堂 | 埼玉県志木市
土蔵造の商家建築

川越以南の東武東上線沿線のエリアガイド
和光・朝霞・新座
エリアガイド
和光・朝霞・新座 | 埼玉県
東京練馬区の北隣り
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線
川越
エリアガイド
川越 | 埼玉県
東武・西武・JRが接続する要衝