敷島神社

敷島神社敷島神社は、埼玉県志木市の、東武東上線の志木駅より北へ徒歩18分に位置する鎮守社。
明治5年、霊夢に導かれた地元住民が富士塚「田子山富士」を築造して浅間神社を創建。明治41年、近隣にあった3社(稲荷神社2社と水神社)を合祀して敷島神社と改めた。
田子山富士が国の重要有形民俗文化財に指定されているほか、境内社護国神社は志木小学校の奉安殿を移築したもの。

表参道
敷島神社
鳥居
敷島神社
鳥居内
敷島神社
拝殿
敷島神社
本殿
敷島神社
護国神社
敷島神社

境内社護国神社の社殿は、志木尋常高等小学校(現・志木小学校)の御真影奉安殿(昭和10年頃建立)を移築したもの。

宮神輿 一之宮
敷島神社
宮神輿 二之宮
敷島神社

宮神輿(一之宮と二之宮)は夏祭りで渡御する。

田子山富士

富士塚は関東に多数現存するが、当社の富士塚(田子山富士)は、5基(東京3基、埼玉2基)しかない国指定重要有形民俗文化財の富士塚の一つ。
通常の日は登拝できないが、大安・友引の日や、神社の行事や地域のイベントなどがある際に開放される。
なお、山開きは7月第一週末、山仕舞いは8月21日に近い週末に行われるが、特に山仕舞いでは夕刻にお焚き上げが行われる。

全景
敷島神社

明治5年に古墳とされる田子山塚の上に築造。高さ約8.7m、直径約30mの大型の富士塚。

浅間下社
敷島神社

参詣道入口には里宮の浅間下社が、頂上には奥宮が鎮座する。

夏祭り

7月には天王様の祭礼として大規模な夏祭りが開催され、境内には露店が立ち並び、本町通りでは神輿の渡御や民謡流し踊りなどが行われる。この行事に関する詳細は「敷島神社 夏祭り」の記事を参照。

敷島神社 夏祭り
イベントガイド
敷島神社 夏祭り | 埼玉県志木市
7月下旬。毎年、宮神輿渡御や流し踊り。露店多数
神輿渡御
敷島神社 夏祭り
民謡流し踊り
敷島神社 夏祭り
敷島神社 公式HP
埼玉県志木市本町2-9-40 地図
アクセス:東武東上線 志木駅より徒歩18分
志木・富士見・ふじみ野
エリアガイド
志木・富士見・ふじみ野 | 埼玉県
JR武蔵野線以北の東武東上線沿線

敷島神社の近くには宝幢寺旧村山快哉堂などがある。

宝幢寺
スポットガイド
宝幢寺 | 埼玉県志木市
境内の整った真言宗寺院
旧村山快哉堂
スポットガイド
旧村山快哉堂 | 埼玉県志木市
土蔵造の商家建築