江東天祖神社

江東天祖神社江東天祖神社は、東京都江東区の、東京メトロ半蔵門線または都営浅草線の押上駅より南東へ徒歩13分に位置する鎮守社。
飛鳥時代の推古天皇の代(593年-628年)に創建されたと伝える神明社(伊勢神宮の分社)。当地域は往古は小島が点在する東京湾の奥で、当社はその島の一つである柳島の総鎮守。
社殿が戦前の鉄骨鉄筋コンクリート造であるのが特徴。

一ノ鳥居
亀戸 天祖神社
社務所
亀戸 天祖神社
神楽殿と二ノ鳥居
亀戸 天祖神社
拝殿
亀戸 天祖神社
本殿
亀戸 天祖神社

社殿は昭和4年築の鉄骨鉄筋コンクリート建築で、拝殿・幣殿・本殿を連結した権現造。今と違い、戦前はコンクリートの神社社殿はまだ数少なかった。

石造の神輿蔵
亀戸 天祖神社
宮神輿
亀戸 天祖神社 節分

宮神輿は昭和24年製作。

節分祭

節分祭は一般的な日程である2月3日。豆まきは日中と夕刻の二度行われる。赤鬼・緑鬼も申し訳程度であるが登場した。

節分祭
亀戸 天祖神社 節分
 
亀戸 天祖神社 節分

例大祭

例大祭は9月中旬で、本社神輿は毎年渡御を行う。また流鏑馬式と称して武家装束の子どもに矢を射させる行事も行われる。
五年に一度の本祭では土曜日に宮神輿の壮麗な台車渡御が、翌日曜日には町神輿の連合渡御が組まれる。

宮神輿の渡御(陰祭の年)
亀戸 天祖神社 節分

明治の神仏分離までは、近くにある龍眼寺が別当寺であった。

江東天祖神社 公式HP
東京都江東区亀戸3-38-35 地図
アクセス:東京メトロ半蔵門線・都営浅草線 押上駅より徒歩13分
江東区
エリアガイド
江東区 | 東京都
中央区の東隣り。亀戸、深川など

亀戸一帯には他に亀戸香取神社亀戸天神社龍眼寺がある。

亀戸香取神社
スポットガイド
亀戸香取神社 | 東京都江東区
亀戸発祥地の整った神社
亀戸天神
スポットガイド
亀戸天神 | 東京都江東区
江戸時代からの藤の名所
龍眼寺
スポットガイド
龍眼寺 | 東京都江東区
亀戸の萩寺