円融寺

Enyuji円融寺は、東京都目黒区碑文谷の、東急目黒線の西小山駅より北西へ徒歩13分に位する、天台宗の古刹。平安時代の仁寿3年(853年)に法服寺として創建されたと伝える。弘安6年(1283年)には日蓮宗に改宗して法華寺と改称するが、江戸時代に幕府の禁ずる不受不施派であったため取り潰されて元禄11年(1698年)に再び天台宗の寺院となり、天保5年(1834年)には円融寺と改称した。
比較的大きな寺院で、境内は整っている。重要文化財の釈迦堂などの堂宇が揃う。

山門
円融寺

山門は、兵庫県三木市の某寺の山門として江戸後期の1833年に建立されもの。明治33年に品川御殿山の原邸に移され、更に昭和26年に円融寺に移築された。

表参道
円融寺
仁王門
円融寺

仁王門は目黒区指定有形文化財。室町末期の1559年頃の建造だが江戸時代に大改修されている。門に収まる仁王像は1559年の作で東京都指定有形文化財
なお、脇にある鐘楼は平成2年築で新しい。

釈迦堂
円融寺

釈迦堂は国指定重要文化財。室町初期の建造で、東京23区内では現存最古の木造建築(東京都下では東村山市の国宝・正福寺地蔵堂に次ぐ)。
「本堂」の名で重文に指定されているが、現在は新本堂である阿弥陀堂が建てられているので、釈迦堂は本堂ではなくなっている。

阿弥陀堂
円融寺

阿弥陀堂は戦後に建てられた鉄筋コンクリート建築で、これが現在の本堂である。

中門
円融寺

中門は、元禄年間(1688-1704年)に釈迦堂に付加された向拝を、昭和24年に仁王門に付加し、さらに平成2年に中門としたもの。

日源上人五重石塔
円融寺

日源上人五重石塔は目黒区指定有形文化財。1636年の建立で、日蓮宗法華寺の開基日源上人(生年不詳~1315年)の供養塔である。高さ4.4m。

東参道
円融寺

東参道沿いには高生垣が整えられている。

東門
円融寺

東門は平成2年建立。円融寺には今まで紹介した門のほかにも西門、平唐門、表門といった門があるが、全て平成2年建立。


円融寺から移築された建物としては、庫裡の門(1615年以前の建立)が、世田谷区の妙法寺に法華門として移築されている。

妙法寺
スポットガイド
妙法寺 | 東京都世田谷区
大仏もある整った寺院
円融寺 公式HP
東京都目黒区碑文谷1-22-22 地図
アクセス:東急目黒線 西小山駅より徒歩13分
目黒区
エリアガイド
目黒区 | 東京都
渋谷区の南隣り

なお、円融寺の近隣には碑文谷八幡宮目黒区古民家などの見所もある。

碑文谷八幡宮
スポットガイド
碑文谷八幡宮 | 東京都目黒区
長い桜の参道の奥に鎮座
目黒区古民家
スポットガイド
目黒区古民家 | 東京都目黒区
竹林の奥の旧名主邸