小野照崎神社

Onoterusaki Jinja小野照崎神社は、東京都台東区の、東京メトロ日比谷線の入谷駅より徒歩3分、またはJR山手線の鶯谷駅より徒歩7分の位置にある鎮守社。「小㙒𤋜﨑神社」など、複数の漢字表記方法がある(後述)。
平安時代の仁寿2年(852年)、小野篁を祀って創建したと伝える(後述))。境内には国指定重要有形民俗文化財の富士塚(下谷坂本富士)がある。

南参道
小野照崎神社
拝殿
小野照崎神社

拝殿は江戸時代末期の1866年の建造。その背後の本殿または本殿覆屋は、おそらく戦後の鉄筋コンクリート建築。

富士塚
坂本富士

1828年築造の富士塚(下谷坂本富士)は国指定重要有形民俗文化財
関東周辺には数多くの富士塚が現存するが、うち国が文化財に指定している物は、当社のものを含めて全国で5基のみである(他は練馬区の江古田富士、豊島区の高松富士、埼玉県川口市の木曽呂富士、埼玉県志木市の田子山富士)。
富士塚は、通常は外部から眺めるのみとなるが、6月30日~7月1日のお山開きの期間中のみ、登拝が可能となる(後述)。

江古田浅間神社
スポットガイド
江古田浅間神社 | 東京都練馬区
国文化財の富士塚
富士浅間神社・高松富士
スポットガイド
富士浅間神社・高松富士 | 東京都豊島区
国文化財の富士塚
狛猿
坂本富士

この富士塚の前には、一対の狛猿がある。

庚申塚
三大庚申

『台東区の神社と祭り』によると、庚申塚は日本三大庚申の一つだという。
京都の八坂庚申堂が日本三庚申なるものを唱えており、例えば『天台宗京都教区寺院誌』は「八坂庚申堂、大阪四天王寺庚申堂、東京入谷庚申堂が三庚申だが、入谷庚申堂は現存しない」旨を著している。(ただし、入谷庚申堂はしばしば浅草寺庚申堂と入れ替えられる)。当社の庚申は石造物のみであり堂は存在しないものの、恐らくこの三庚申に対応するもので、現存するという立場なのだと思われる。

神輿庫と神楽殿
小野照崎神社

神楽殿は神輿庫と一体化したコンクリート建築。戦前の建築かもしれない。

西参道
小野照崎神社
神輿庫と稲荷社
小野照崎神社

境外に面したこの神輿庫は、上記の神楽殿と一体となった鉄筋コンクリート建築で、戦前建築の可能性がある。またその隣の稲荷社は小野照崎神社が当地に遷座してくる前から当地に鎮座していたとされる地主神。

由緒

平安時代の仁寿2年(852年)、小野篁(802-853年)を祀って創建したと伝える。小野篁は平安時代の高名な学者かつ政治家で、上野国(現在の群馬県)から京都への帰途、忍岡(現在の上野公園)にしばし留まり去るのを惜しんだとされる。当社はその忍岡に創建されたが、江戸初期の寛永2年(1625年)寛永寺創建に際して当地に遷座した。
また異説として、忍岡聖堂(湯島聖堂の前身)が忍岡にあった際に祀られ、聖堂が昌平橋に遷った元禄4年(1691年)頃に当地に遷ったというものもある。江戸時代末期には相殿に菅原道真を祀った。

社名の漢字表記

社名の漢字表記は小野照崎神社が一般的に用いられているが、表参道鳥居の扁額には旧字体と異字体で小㙒𤋜﨑神社(「野照崎」が異字体で「神社」が旧字体)と表記してある。
しかし例大祭では、社前の提灯は小㙒照﨑神社(「野」と「崎」が異字体で「神社」が旧字体)、掲示ビラでは小野照﨑神社(「崎」が異字体)、街角の幟では小㙒𤋜崎神社(「野」と「照」が異字体で、「社」が旧字体)と、表記はマチマチであった。

小野照崎神社の主な年中行事

初詣

小野照崎神社は、正月には境内は多くの提灯が灯される。下の写真は1月2日の夕刻で、初詣客はいなかった。またお焚きあげの跡もあった。

初詣
小野照崎神社 初詣

例大祭

小野照崎神社の例大祭は、5月19日に近い土日に執り行われる。3年ごとの本祭では本社神輿が氏子地域を巡行し、その他の年は町神輿が連合渡御する。この行事に関する詳細は「小野照崎神社 例大祭」の記事を参照。

小野照崎神社 例大祭
イベントガイド
小野照崎神社 例大祭 | 東京都台東区
5月上旬開催。3年毎に宮神輿が渡御し、それ以外の年は町神輿が連合渡御
本社神輿の渡御(本祭の年)
小野照崎神社 例大祭
小野照崎神社 例大祭
町神輿の連合渡御(陰祭の年)
小野照崎神社 例大祭
小野照崎神社 例大祭

お山開き

下谷坂本富士のお山開きは、富士塚の一般的な山開き日である6月30日~7月1日で、この期間中のみ、登拝が可能となる(山開きの式典は30日の朝)。境内には七夕飾りや、夏越の祓の茅の輪も作られる(大祓の式典は30日の夕刻)。露店はなかった。

お山開き
小野照崎神社 お山開き
茅の輪
茅の輪

氏子子供納涼踊り大会

7月の第3日・月曜日の夕刻には、氏子子供納涼踊り大会と称して盆踊りが催される。

氏子子供納涼踊り大会
小野照崎神社 盆踊り

足利学校 雅楽の夕べ

我が国最初の学校とも言われる足利学校(足利市)の創立年代には諸説あるが、その中には小野照崎神社の祭神である小野篁が創設したとの伝承もあり、9月下旬の秋季大祭では「足利学校 雅楽の夕べ」と題して講演と舞楽奉演がある。


明治の神仏分離までは、近くの嶺照院が当社の別当寺であった。

小野照崎神社 公式HP
東京都台東区下谷2-13-14 地図
アクセス:東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩3分/ JR山手線 鶯谷駅より徒歩7分
台東区 上野
エリアガイド
台東区 上野 | 東京都
上野公園一帯
台東区 浅草
エリアガイド
台東区 浅草 | 東京都
浅草とその北方
台東区 谷中・蔵前
エリアガイド
台東区 谷中・蔵前 | 東京都
上野の北の谷中と、浅草の南の蔵前